LML北海道チャレンジ:キャンプツーリングの荷物/積載はどんな感じ?

4日間のキャンプを前提として挑んだLML北海道チャレンジ、雨で2度しかキャンプをしなかったのですが、どういった装備で4日間のキャンプを乗り切るつもりだったのか、ここに書き記しておきたいと思います。

(フェリー乗船前、苫小牧のセイコーマートで)

 

キャンプ装備については、今年の3月にCamper Vespa!という記事を書いて紹介していますが、これはソロでキャンプに行くために揃えた初期装備です。今見返すと、やはり雑魚積載という感じがしますね。北海道に行くまでの5ヶ月間、毎月小さなアップデートを繰り返していました。強い積載というわけではありませんが、キャンプに興味のある方はぜひ参考にしてください。

 

【フロントキャリア】
折りたたみのキャリアは荷物を載せていなくてもかっこいいです。
・キャプテンスタッグ トレッカーロールテーブル ブラウン 
 流行りの構造の軽量テーブル。DOPPELGANGERの同構造のものより一回り大きい。ドライバッグの下に挟み込み固定 
・Unigear(ユニジア) ドライバッグ 30㍑
 フロントキャリアに最適な大きさ。積載してる感もしっかりあって、大容量で防水。Vepsaのフロントキャリアによく似合う。2mの荷締めベルトでしっかり固定。DOPPELGANGER カラビナロックでフロントキャリアの2つを防犯対策しています。

[ドライバッグ内]
・North EagleツーリングドームライトNE1213
 本体はコンプレッションバッグ(10㍑)に入れ、ポールは付属の袋に、ペグ関連はダイソーのポーチと分けて入れました。エリッゼステーク28を4本、アルミのY字ペグ(約20㌢)を4本、ダイソーで売ってたドイツ製鍛造ハンマー(200円)を持っていきました。
・コールマン リーフィーチェア(クリスタルブルー)
 Helinoxのパクリ もう売ってないみたいなのでDOPPELGANGERのリンクにしておきます。
・NANGA オールドネームシュラフ
 ナチュラムの20周年限定モデル。やっぱりかっこいい。夏は足元を開けて快適です。自分が買ったときよりだいぶ値下がりしてる。
・GEERTOP 防水テントシート(140*200)
 コンパクトに収納できるグランドシートです。テントの底の濡れと汚れをしっかり防止してくれます。お気に入り。
・ブルーシート
 たまに便利な青いやつ。北海道ではあまり活躍しなかった。


【タンデムシート】
リアボックスの前方に付けた4つのアイボルトと2mの荷締めベルトを使って、デイパック(CHUMS Book Pack Sweat Nylon)を固定しています。荷締めベルトはとても使い勝手がいい超お気に入り積載グッズなので、みなさんも使ってみてください。よく目立つグリーンはkawasaki乗りの方にも好評です。これのお陰で荷物の脱落も防げましたし、運気もアップしそうですね。

[デイパック内]
・衣服
 種類ごとにスタッフバックに分けて入れました。これがほとんどの容積を占めてた。
・洗顔セット
 ダイソーのポーチに洗顔セットと薬等を入れています。タオル・リステリンムヒアルファEX・キンカン・ポイズンリムーバー・絆創膏・DAISOコンプレッションタオル等
・ジェントス SOL-144S
 ランタン。とても明るいが、手元用にヘッドライトも欲しかった。
・AUKEY SK-M7
 Bluetoothスピーカー 人の多いキャンプ場では使えません…。けっこう荷物かも。
・EOTW カラビナ
 開口部のズレがなくスムーズに開閉するカラビナです。仕上げも綺麗でお気に入り。シェラカップを吊るしてみたりした。オシャレか?
・ロープ
 何かに役立つだろうと、3mほどに切ったものを2本持っていきました。3日目の朝、そとら君のテントの濡れたフライシートを縛るのに使いました。持っててよかった。
・mont-bell パックカバー
 仙台港のアウトレットでオトクに入手。通学用のデイパックに使っていたのですが、雨が振ったら嫌なので持ってきました。大活躍。



【リアキャリア】
道中破損するというトラブルを起こしたリアキャリア。気に入ってるんだけどな…。
[リアボックス]
・Naturehike エアマット
 超お気に入りのエアマット。長さは180cmほど厚みが9cmあり寝心地が良いです。仙台港のアウトレットでmont-bellの似たような構造のエアマットの120cmが6000円(半額)で売ってました。さらにコンパクトで羨ましいけど泣いてないよ。レビュー記事
・EVERNEW セラミックコッヘル深型13
 生産は終わってるみたい?ポップな色がお気に入り。
・Iwatani ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
 上記クッカーに入れ子
・ライトマイファイア ソルト&ペッパー
 ポップなデザインのスパイスボックス。上記クッカーに入れ子
・SOTO パワーガス
 普通のガス缶を2個、パワーガスを1個持っていきました。
・Pre-mier 使い分け抗菌プチまな板3
 小型のまな板です。収納しやすい大きさで、食材ごとの使い分けができて便利です。旅先で病気になってはいけないので、肉を切ったまな板/包丁で野菜を切らない等徹底しましょう。ジップロックにまとめています。
・CHUMS ブービーマルチハードケース
 食器類を収納するハードケースです。かわいい。
・LIGHT MY FIRE スポーク *3本 ハードケースに収納。
・シェラカップ *2個 計量カップ・取り皿・コップとして大活躍でした。 ハードケースに収納。
・CHUMS キャンパーマグカップ Camper Mug Cup ハードケースに収納。
・VICTORINOX カラーツインズ  限定なのにまだ売ってる。 ハードケースに収納。
・その他に箸・ライター・ろうと・しゃもじ・スポンジ・クリップ・エアマット補修セット等をハードケースに収納していました。
・ジップロックとコンビニ袋数枚
 ゴミ袋や悪臭のする靴下の隔離等に使いました。
・モバイルバッテリー
 スマホの充電器とケーブル類をひとまとめにしていました。モバイルバッテリーは道内無給電も考えて3個、合計で40000mAh持ってきました。
・RSタイチ バイク用プロテクター
 のものを持っていきました。使っていない時はここに収納。
・ガソリン携行缶 700cc
こまめな給油を心がけていたので、活躍しませんでした。よかった。
・YAMAHA オートルーブスーパー
2stオイル。箱に新品を、フロントボックスに使いかけのものを入れていきました。

【フロントボックス】
シート下の収納がないVespa/LMLに備え付けのボックスです。手元にあるので便利ですよ。
・YAMAHA オートルーブスーパーRSタイチ 防水インナージャケット
完全に油断していました。雨でビッチョビチョでした。ワークマンのバイカーズでも買おうと思います…。
・2mの荷締めベルト
 予備も持っていきました。みなさんも使ってみてください。
・その他小物
 走行中にサイフを入れておいたり、大切な思い出をしまったりしました(しまった、余計なことを書いた。)

【北海道で買い足し】
・バスタオル \600 持っていくのを忘れた。

 

なるべく少なくと色々なものを省きましたが、減らした以上に衣服・燃料・予備のオイル等があり上等な積載となりました。その状態でほぼ満タンなので、買った食料を積むスペースはほぼありませんでした。4泊のうちキャンプはたったの2回しかしなかったので、食器類の活躍の機会が少なかった印象があります。キャンプを楽しむために行った北海道だったので、非常に残念です。荷物の体積のうち6割はキャンプ道具ですからね。

積載のポイントとしては、初期から一貫しているのが左右への張り出し無しということ。フロント側に30㍑程度の荷物を乗せていて、他車種のサイドバッグに近いだけの容量を確保できます。頑丈で大きなフロントキャリアがあるVespaならではの積み方だと思います。だから君も、Vespa/LMLで素敵なキャンプツーリングをしてみないか?

 

というわけで、キャンプツーリングの装備はこんな感じでした。今後、北海道キャンプツーリングを考えてる方の参考になってほしいです。では👌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください