SOTOのミニ焚き火台を自作アルコールストーブに使う

こんにちは。僕です。今回はタイトルの通り「SOTOのミニ焚き火台を自作アルコールストーブに使う」という記事です。

今日手に入れたのはこれ。

「ミニ焚き火台 テトラ」という製品で、小枝を使っての焚火、固形燃料を使って調理をする、という製品です。使用するアルコールバーナーは、直径53mmのアルミ缶(コカ・コーラやMAXコーヒーの250mm缶)で自作したものです。

これ

グラスウール充填の効果はとても高く、楽しいアルコール生活を送っています。

で、早速組み立て、五徳として使用しました。いい感じ。

ちなみに収納サイズは直径103mmくらいの円に収まり、厚さは本体だけで4mm強、ゴムバンドの厚い部分で8mmくらいです。230cc入のOD缶が直径11cmなので、OD缶が入るクッカーなら収納しやすいでしょう。

ゴトクのサイズは65mmの正方形となるので、それより小さいものは乗せづらいですが、PC用のファンガードを串を置くスキマに乗せることで、直径65mm以下のコーヒー缶等も乗せて暖められます。

で、本題は炊飯です。炊飯以外のネタがない。針金を曲げて作った自作のゴトクは軽いですが、米の量が増え重くなると対応できません。

こう

アルコール量35cc、米1合で炊飯をしました。

1分45秒 2次燃焼開始 アルコールが多いせいで温まるのに時間がかかった?
→ 11分16秒 火から下ろす

→ 13分3秒 弱火

→ 13分37秒消化

https://twitter.com/yamanosurume_tw/status/974509176377393152

ガッチリしたゴトクで重りを乗せて炊けたので、シェラカップと比べると圧倒的にふんわりと、炊飯器の9割くらいの完成度には達せたと思います。今までで一番美味しかった事は間違いありません。

 

と、今日は炊飯の記録を残しておわり。バイ✋

 

自分が買ったのは4枚タイプのテトラですが、より大きいヘキサも選べます。とはいえ、これでも焚き火台としては小さすぎると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください